新潟市阿賀野市新発田市税理士・相続税・確定申告・税務申告・税務相談・中小企業診断士会計事務所・経営事項審査


設立前のご相談から日々の経営相談等、須田幸英税理士事務所にお任せください。
税理士・中小企業診断士




サイトマップ

トップページ

建設業経営事項審査

控除早見表

非課税通勤手当

パート収入と税金

所長の一言

公 示 法 人

県内所得ランキング

経営研究会

会社概要

講演会実績

リ ン ク

税金に関するご相談こんなことを載せて欲しいなどのご要望ご意見・経営研究会の案内請求など こちらからどうぞ
メールの方 FAXの方

新潟県阿賀野市天神堂352番地2  TEL 0250−63−9782
FAX 0250−63−9270
須田幸英税理士事務所
 す だ    ゆ き ひ で

所長の一言
「よした」 「よした」 
   
 下記の文章は、平成30年12月19日になくなった父の通夜の席で、私が喪主として挨拶した言葉です。(この通りに話せたかどうかは自信がありませんが)

 ご案内のとおり、12月19日になくなりましたが、ほとんどの方が父のことを 知らないと思いますので、簡単に紹介させていただきます。
 父は大正13年8月16日、小千谷市(旧山古志村)に生まれました。
 小千谷市といっても山古志村に隣接しており、棚田の広がる地域です。私の小さい頃は、桶屋を営んでおり、風呂桶等を作っていました。屋号も「桶屋」です。そこにあるお棺の中の「おひつ」も父が作ったものであり、母が亡くなったときこちらに持ってきたものです。母との新婚時代はそれを使って食事をしていたようでした。
 しかし、プラスチックの製品が出回るようになると桶屋も衰退し、次第に仕事も少なくなっていったようです。丁度その頃部落内で農家を営んでいた方が、引っ越すこととなったため、その方の田畑を購入し、その後は、錦鯉を飼って生計を立てていました。

 2000年(平成12年)に母が亡くなり、1人にしておく訳にもいかないので、水原に連れてくることになりました。小さい頃足を悪くして障害者でもあり、最初はケアハウス シンパシー、平成27年10月からは特別養護老人ホーム シンパシーに入っていました。シンパシーの方々には大変お世話になりました。深く感謝申し上げます。
 高齢の割にはそこで元気に暮らしていたのですが、先月28日に誤嚥性肺炎ということで、あがの市民病院に入院し、最後は食事を取れなくなり19日に死亡した次第です。

 父との関係はいろいろありましたが、仕事の途中で様子を見に行き、帰り際に「仕事があるので帰るけど、又来るよ」といったことに対し返ってきた言葉が「おおご苦労」、「よした」「よした」です。
「おおご苦労」は中越弁で「ご苦労さん」、「よした」「よした」は、「よくやった」「よくやった」という意味です。
 私のことをほめなかった父ですが、初めて認められた気がしました。また、死亡診断書の死因は「肺炎」となっていますが、医師からは「いわゆる老衰ですね」といわれ、私は天寿を全うしたものと思っていますし、父も満足しているのではないかと思います。

所 長  須 田 幸 英
事務所通信 1月号掲載
バックナンバーはこちらからどうぞ
平成16年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成17年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成18年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成19年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成20年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成21年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成22年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成23年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成24年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成25年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成26年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成27年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成28年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成29年   1 2 3 4 5 6 7  9  10 11 12 
平成30年  1  2 3  4  5 6 8  9  10 11 12 
須田幸英税理士事務所
〒959-2012 新潟県阿賀野市天神堂352番地2
 TEL 0250-63-9782 FAX 0250-63-9270
e-mail suda@tkcnf.or.jp

新潟市阿賀野市新発田市税理士・相続税・確定申告・税務申告・税務相談・中小企業診断士会計事務所・経営事項審査