新潟市阿賀野市新発田市税理士・相続税・確定申告・税務申告・税務相談・中小企業診断士会計事務所・経営事項審査


設立前のご相談から日々の経営相談等、須田幸英税理士事務所にお任せください。
税理士・中小企業診断士




サイトマップ

トップページ

建設業経営事項審査

控除早見表

非課税通勤手当

パート収入と税金

所長の一言

公 示 法 人

県内所得ランキング

経営研究会

会社概要

講演会実績

リ ン ク

税金に関するご相談こんなことを載せて欲しいなどのご要望ご意見・経営研究会の案内請求など こちらからどうぞ
メールの方 FAXの方

新潟県阿賀野市天神堂352番地2  TEL 0250−63−9782
FAX 0250−63−9270
須田幸英税理士事務所
 す だ    ゆ き ひ で

所長の一言
数字で経営する

標題は、私が所属している盛和塾世界大会の今年の塾長講話のテーマです。
「数字は唯一の客観的資料」というところから講話が始まりました。
1. 何よりもその数字が正しいものでなければならない
  経営の実態を表すものでなければならない。売上、仕入、経費が一対一で対応していること。旅費交通費の1週間以内の精算、購入依頼者と購買部門によるダブルチェック等
2. 数字そのものが経営者にとって厳しいものでなければならない
  悲観的に厳しめの計画が大切。例えば為替レートは予想レートよりも更に厳しく、円安になってもレートを変更しない。減価償却、在庫の評価も厳しい目でみること。在庫は出来るだけ持たない等。
3. 数字が細分化されたものとして管理されていることが大切
  空間的細分化〜組織毎に管理。時間的細分化〜年間だけでなく月次の目標設定。勘定科目の細分化も必要〜例、会計事務所で作成した水道光熱費も水道料、ガス代等に分け、現場の従業員が改善できるようにする等。 
4. 数字はリアルタイムに出てくるものでなければならない 
  JALにおいては当初、先々月の数字がやっと出てくる状態であった。それが当時のJAL内の常識となっていたが、おかしい。
日次決算が出来るようでなければならない等。
 

  まだ、色々な話がありましたが、とりあえず私のメモから抜粋してみました。
  今年私は、盛和塾新潟(会場、ホテル日航新潟)において「稲盛和夫の実学」をベースにした勉強会の講師を務めさせていただいていますが、改めて数字の重要性を実感することが出来ました。8月7日で最終回となりますが、毎回50名近くの出席があり、その熱心さに頭の下がる思いです。
 また、私の事務所においても「簿記講習会」を3回シリーズで開催しました。
7月で終了しましたが、参加申し込みは5名でした。
 大変少ない人数でしたが、特に後継者の方は簿記を勉強し、少なくとも決算書は読めるようになって欲しいと思っています。数字だけで経営できるわけではありませんが、数字がわからないようでは経営は出来ないからです


所 長  須 田 幸 英
事務所通信 8月号掲載
バックナンバーはこちらからどうぞ
平成16年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成17年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成18年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成19年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成20年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成21年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成22年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成23年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成24年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成25年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成26年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成27年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成28年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成29年   1  2 3 4 5 6 7  9  10 11  12 
須田幸英税理士事務所
〒959-2012 新潟県阿賀野市天神堂352番地2
 TEL 0250-63-9782 FAX 0250-63-9270
e-mail suda@tkcnf.or.jp

新潟市阿賀野市新発田市税理士・相続税・確定申告・税務申告・税務相談・中小企業診断士会計事務所・経営事項審査